IRO-Ka3.jp

カスタマーセンター 050-0000-0000

IRO-Ka3.jp > ご利用ガイド > 入稿テクニック

入稿テクニック

対応フォント

Adobe製品 対応フォント
HTMLMORISAWA 全書体 (OpenTypeフォント) newwinicon.gif
※OCF書体は、同名フォントでの置き換え出力となるため、字形及び文字間隔が一部変化する可能性があります。

HTMLDynaFont5718書体(TrueTypeフォント) newwinicon.gif
Windows Microsoft Office 対応フォント
HTMLMORISAWA 全書体 (OpenTypeフォント) newwinicon.gif
※OCF書体は、同名フォントでの置き換え出力となるため、字形及び文字間隔が一部変化する可能性があります。

HTMLDynaFont5718書体(TrueTypeフォント) newwinicon.gif

HTMLOffice付属のフォントnewwinicon.gif

※各フォントメーカ様のWEBページにリンクされています。
※弊社対応外のフォントにつきましては、必ずアウトラインを作成していただくか埋め込みの処理をしていだだく必要があります。
(Illustratorは全てアウトライン作成、PDFは全て埋め込みの処理をしてください。)
※Windowsの対応フォントはAdobe製品とOffice系ソフトでは異なります。
※Officeの対応フォントは基本的にOffice付属のフォントとなります。
※お客様のパソコンを購入した際にインストールされているフォントは弊社では対応外の可能性がございますので対応フォントをご確認ください。
※フォントメーカ、フォント名が同じ場合でも形式が異なる場合は対応外となります。
(DynaFontのOpenType形式は対応外となります。)

ページトップへ戻る

Microsoft Office

Microsoft Office(WORD・EXCEL・Power Point・Publisher等)で作られたデータは家庭用のインクジェットプリンタ等のように直接印刷することはできません。
印刷するためには印刷に適したデータに変換を行う必要があります。
変換した際にどうしても元のデータとは表現が変わってしまい再現できない場合がございます。

OfficeのデータはカラーモードがRGBですので、印刷する際にはCMYKに変換する必要があります。
CMYKに変換すると色が変わります事をご了承願います。(CMYK・ RGBのカラーモードについてはこちら
以下にMicrosoft Officeを使ったデータ作成時における注意点を列記しております。

ページトップへ戻る

WEB校正サービスについて

ご購入時に校正サービスをご選択頂いたお客様へ仕上り確認用PDFをご確認後、
WEB上から「承認」または「再入稿」のご指示を頂けるサービスです。

【注意事項】

「承認」を頂いた日時が「受注確定日」となります。
「承認」のお返事が日付をまたいだ場合は、その日が「受注確定日」となります。
データチェック作業は、営業時間内におこないます。14時以降のご入稿に関しては、日付をまたいでからの校正送付となる場合がございます。ご注意ください。


【仕上がり確認用PDFとは...】

お客様からお預かりしたデータを印刷用のデータに変換したPDFです

・印刷物がお手元に届く前に仕上がりイメージ(体裁)をご確認頂けます

 ※仕上がりの色味はモニタの表示環境、印刷する用紙により差異がある為、全に再現するものではありません

・作成データがRGBデータの場合は、CMYKに変換しております


※出荷日固定とWEB校正を同時にご選択は頂けません。 
WEB校正をご選択頂いた場合は、出荷日固定は無効とさせて頂きます。

ページトップへ戻る